伊藤忠ケーブルシステム株式会社のプレスリリース

プレスリリース配信「VFリリース」
リリース検索
プレスリリース検索
リリースの業界で検索
リリースの種類で検索


クラシックコミュニケーションからのお知らせ
【重要】配信サービス統合に関するお知らせ
現在ご利用頂いております「VFリリース」につきまして、ユーザビリティの向上、機能追加、品質向上を目的とし、2012年4月1日(日)に「ValuePress!」と配信サービスを統合させて頂く運びとなりました。

配信サービス統合に関する詳細はこちらをご覧下さい。
(2012-03-19 00:00:00)
【重要】経営統合のお知らせ
クラシックコミュニケーション株式会社は、株式会社バリュープレスと平成24年3月1日付けでPR総合支援企業に向けた経営統合を行うことを決定致しました。

詳細はこちらをご覧下さい。


(2012-02-28 12:00:00)
リリースの「業界検索」機能を強化しました。

VFリリース内の「業界検索」機能を強化しました。

(2012-01-17 16:00:00)
Grow!ボタンを設置しました。

ソーシャル環境を調査を目的に「Grow!」ボタンを設置しました。

(2012-01-17 10:00:00)

 
vf_release RSS Feed
Clip to Evernote  このエントリーをはてなブックマークに追加  Check    
2018年08月09日 18時 [その他サービス企業の動向]

伊藤忠ケーブルシステム株式会社

伊藤忠ケーブルシステム、Haivision社製イベントライブ配信用4Kエンコーダ 「KB MAX」を2018年8月1日より販売開始

伊藤忠ケーブルシステム株式会社(東京都品川区東五反田、代表取締役社長 土屋 健二、以下「伊藤忠ケーブルシステム」)はHaivision社(カナダ・モントリオール、会長兼CEO Miroslav Wicha、以下「Haivision」)が製造・販売するイベントライブ配信用4Kエンコーダの新製品「KB MAX」の国内向け販売・レンタルを2018年8月1日より開始いたしました。


昨今、4K対応製品は撮影用カメラから視聴用テレビにいたるまで普及がめざましく、身近になりつつある一方で、配信用信号に変換する業務用ライブエンコーダの製品価格は高止まりしており、4Kライブ配信の実施は未だ限定的な状況です。

Haivision社が新発売したKB MAXは収容効率が非常に高い小型の筐体に高性能GPUと3G-SDI入力4ポート(うち1ポートは12G-SDI対応)を実装していながら、価格は従来の一般的な製品と比較して40〜50%で設定されており、事業者様の4Kライブ配信の具体化に貢献するモデルです。

発売以来世界的に高い評価を得ており、注文に生産が追いつかない状況が続いておりましたが、当社では同機を入手し、負荷試験を行ったうえでお奨めし得る製品と評価できましたため、今回の発表と相成っております。


4Kカメラが持ち込まれるスポーツイベントやお祭りなどの催事、また文化的催しなどのシーンにおいて、ネットワークの準備さえあれば現地からYouTubeなどの配信プラットフォームへ4K映像を送信することが可能です。事業化のための購入ご検討をされる事業者様へは、その初めのステップとしてイベント単位でのレンタルプランも用意しております。


■製品の主な特長

-H.264/HEVC エンコーディング

-マルチビットレート出力対応

-独自の誤り訂正プロトコルSRTをサポート

-大手配信プラットフォームに対応

-クローズドキャプションをサポート

-寸法 44mm (H) x 216mm(W) x 267mm(D)、重量約2.3kgの持ち運び可能なサイズ

-360VRライブ配信対応(オプション)


■製品紹介URL

https://www.itochu-cable.co.jp/products/haivision/item_2020


伊藤忠ケーブルシステム メディアサービス部 本部長代行 山形賢一

「Haivisionは、"Video for work better"を掲げIPビデオにより配信事業者様のコスト効率化や企業内でのコミュニケーション改善などへ、エンコーダを中心としたECOシステムを提供しており当社とのパートナーシップはおよそ10年になります。本KB 4Kシリーズは、2016年ドイツにおけるレッドホットチリペッパーズ4K YouTube Live配信などで実績を重ね、非常に高い評価を受けて参りました。今回発売開始するKB MAXは、搭載するソフトウェアは上位機種と同等機能を有しながら、シリーズ末弟としてコンパクト筐体に納めたもので、お求め安い価格での提供が可能になりました。YouTubeやFacebook配信などで手軽にセットアップできる新世代4Kエンコーダをぜひご覧ください。」


Haivision 会長兼CEO Miroslav Wicha

「伊藤忠ケーブルシステムはHaivisionにとってアジアにおける最も確立されたパートナーです。同社は10年以上にわたり放送事業者およびエンタープライズ領域でHaivisionのソリューションをサポートしてきました。 KB Maxの展開により、放送品質かつ4K解像度の普及が日本のストリーミング市場にもたらされることでしょう。」


■伊藤忠ケーブルシステムについて

1986 年に伊藤忠商事のケーブルテレビ関連の子会社として設立され、本年で創立32 周年を迎えます。2016 年10月に子会社であった旧報映産業と経営統合したことにより、放送・通信に音響分野も加えた高度なノウハウと豊富な実績を持つマルチベンダーSIer として、ケーブルテレビ業界に止まらず、CS/BS放送、地上波局、映画業界、ポストプロダクション、通信会社、IP放送、企業内映像配信などにビジネスを拡大しています。

◆東京本社: 〒141-0022 東京都品川区東五反田3-20-14 高輪パークタワー

URL: https://www.itochu-cable.co.jp/


■Haivisionについて

Haivision社は2004年に非公開株式会社として設立され、現在ではカナダ・モントリオールと米国・シカゴに本社を置き、米国、欧州、アジア、 南アメリカに支社を持っています。

設立以来、世界的に展開されているような大規模組織の、映像を利用したコミュニケーション、共同作業や研修・教育のニーズに対して、ストリーミングおよびそのコンテンツ管理ソリューションを提供しています。

同社は、ライブエンコーディング/デコーディングのためのハードウェアおよびソフトウェア、映像伝送、映像コンテンツ管理テクノロジーを製品として販売しており、またその一方で、低遅延映像ストリーミングのためのSRTプロトコルのオリジナルの開発者であり、さらにSRTオープンソースプロジェクトの発起人でもある、ハイパフォーマンスな映像ストリーミングソリューションのパイオニアです。

Haivision社は、Streaming Media (http://www.streamingmedia.com/) によって映像産業の中における最も影響力のある企業の1つとして発表され、また、Deloitte社のテクノロジーFast 500  (https://www2.deloitte.com/global/en/pages/technology-media-and-telecommunications/topics/technology-fast-500.html) において急進的な成長企業の1つとして位置づけられています。

URL: https://www.haivision.com/





提供元:ValuePress!プレスリリース詳細へ



Clip to Evernote  このエントリーをはてなブックマークに追加  Check    

添付ファイル

関連URL

伊藤忠ケーブルシステム株式会社のプレスリリース一覧

2019年05月20日 [企業の動向]
伊藤忠ケーブルシステム、映像システムインテグレータとしてSRT Allianceに参加

2018年09月05日 [企業の動向]
伊藤忠ケーブルシステムと仏・Streamroot、日本国内における映像配信ネットワーク分野で協業

2018年08月09日 [企業の動向]
伊藤忠ケーブルシステム、Haivision社製イベントライブ配信用4Kエンコーダ 「KB MAX」を2018年8月1日より販売開始

2016年10月03日 [企業の動向]
伊藤忠ケーブルシステム株式会社と報映産業株式会社の統合及び東京本社移転について

2016年06月01日 [企業の動向]
伊藤忠ケーブルシステム株式会社と報映産業株式会社の統合について




関連するプレスリリース一覧(新着順)

2019年07月12日 日本3Dプリンター株式会社 [その他サービス企業の動向]
日本3Dプリンターが、3Dスキャナーとソフトウェアなどをセットにした「EinScan(インスキャン)リバースエンジニアリング パック」を7月1日に発売!

2019年07月12日 株式会社スペースエイジ [その他サービス製品]
「ミニオン×プロ野球コラボグッズ 2019年シリーズ」 リリースのお知らせ

2019年07月11日 株式会社トップ・マネジメント [その他サービス企業の動向]
ファクタリングサービスを提供するトップ・マネジメントが国際規格のISO認証を取得。取引に関する情報漏れを未然に防ぐことで利用企業の信用毀損を防止

2019年07月11日 一般社団法人東京ビエンナーレ [その他サービス告知・募集]
【アーティスト募集】東京ビエンナーレ2020 “ソーシャルダイブ” 公募プロジェクト 開催のお知らせ 〜ミッションは、東京にダイブし、社会と深く交わること〜

2019年07月11日 有限会社 くす無憂扇 [その他サービス告知・募集]
九州初の総合リトリート施設 〜「デトックス×ファスティング×リトリート」で予防健康管理と心の健康づくり〜

2019年07月10日 株式会社Resorz [その他サービス告知・募集]
味千ラーメン、加賀屋、旭酒造… 注目の企業の事例を解説! 『グローカルビジネス・セミナー』〜地方発の海外進出事例研究〜


  VFリリース・アクセスランキング
1位 株式会社友安製作所
大型家電量販店エディオンなんば本店6階にインテリアとDIYの体感型コラボショップ「友安製作所×EDION」6月7日(金)オープン!
2位 グローバルビューティークリニック
今までのAGA・薄毛治療の概念を覆す「5大無料宣言」。 若年性の薄毛に特化したAGA専門クリニックが大阪・梅田に誕生!
3位 GOM & Company
「コミュニケーション」と「繋がり」-K-POP、Youtubeそして大衆
4位 株式会社トーシンパートナーズ
株式会社トーシンパートナーズ、代表取締役社長の異動(社長交代)に関するお知らせ
5位 弁護士 齋藤 健博
YouTube総再生回数1万回突破! 弁護士「齋藤健博」 〜電話・LINEで24時間相談可能、初回は無料。〜
>>もっと見る