株式会社アクティバリューズのプレスリリース

プレスリリース配信「VFリリース」
リリース検索
プレスリリース検索
リリースの業界で検索
リリースの種類で検索


クラシックコミュニケーションからのお知らせ
【重要】配信サービス統合に関するお知らせ
現在ご利用頂いております「VFリリース」につきまして、ユーザビリティの向上、機能追加、品質向上を目的とし、2012年4月1日(日)に「ValuePress!」と配信サービスを統合させて頂く運びとなりました。

配信サービス統合に関する詳細はこちらをご覧下さい。
(2012-03-19 00:00:00)
【重要】経営統合のお知らせ
クラシックコミュニケーション株式会社は、株式会社バリュープレスと平成24年3月1日付けでPR総合支援企業に向けた経営統合を行うことを決定致しました。

詳細はこちらをご覧下さい。


(2012-02-28 12:00:00)
リリースの「業界検索」機能を強化しました。

VFリリース内の「業界検索」機能を強化しました。

(2012-01-17 16:00:00)
Grow!ボタンを設置しました。

ソーシャル環境を調査を目的に「Grow!」ボタンを設置しました。

(2012-01-17 10:00:00)

 
vf_release RSS Feed
Clip to Evernote  このエントリーをはてなブックマークに追加  Check    
2018年11月28日 10時 [旅行・観光・地域情報企業の動向]

株式会社アクティバリューズ

インバウンド対応 多言語チャットボットを提供するアクティバリューズが情報セキュリティの国際認証を取得

多言語コミュニケーションツール「talkappi」を開発する株式会社アクティバリューズ(所在地:東京都渋谷区、代表取締役社長:陳適)は、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)国際規格であるISO/IEC 27001の認証を取得しましたのでお知らせします。



[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM1ODE2MSMyMTIwNTYjNTgxNjFfZkR4VGlycFFleC5qcGVn.jpeg ]


■talkappi

2017 年 12 月にリリースした多言語対応チャットボット「talkappi」は、AI による多言語での問合せへの自動応答機能などを備えたコンシェルジュサービスです。旅行者が普段ご利用のスマートフォンから、Webブラウザーに加えてLINE、Facebook messenger、WeChatといった国内外のメッセージアプリでも使うことができるため、ユーザーとの接点を旅マエ〜旅アトにわたり維持できる強みがあります。日本語、英語、中国語(簡体)、中国語(繁体)、韓国語に標準対応しており、日本人はもちろん訪日外国人旅行者(インバウンド)の9割以上をカバーできます。また、宿泊施設向けの予約・販売管理システム「TL-リンカーン」と連携しており、チャットボット上から宿泊施設を直接予約することが可能です。

宿泊施設の「Hotel Village」や「グランドニッコー東京 台場」、旅行会社の「ホワイト・ヘアーファミリー社」、地域DMOの「草津温泉観光協会」なとて既に導入されており、問合せへの自動応答率か高いということて好評をいたたいています。


■背景

当社は、多言語チャットボット「talkappi」の運営を通じ取得した、導入先様や利用ユーザーの個人情報を含む、様々な情報を保有、管理していますが、チャットボットでの宿泊予約システムの開始や、導入先の拡大により、取り扱う情報量は益々増加しています。お客様からお預かりする全ての情報及び、当社が保有する情報システムと情報資産をあらゆる脅威から保護する事は、経営上の最重要課題と当社は位置付けています。こうした中で、当社の情報セキュリティ管理体制の水準をより高める意図で、情報セキュリティマネジメントシステムの構築を行い、外部審査機関の監査を経て、11月26日にISMS認証を取得しました。


■ISMS

ISMSは「Information Security Management System(情報セキュリティマネジメントシステム)」の略で、「情報セキュリティを管理するための仕組み」です。情報セキュリティの個別の問題毎の技術対策の他に、組織のマネジメントとして、自らのリスクアセスメントにより必要なセキュリティレベルを決め、プランを持ち、資源配分して、システムを運用するものです。この仕組みの基準として用いられているのが、 国際規格ISO/IEC 27001:2013及びJIS Q 27001:2014「情報セキュリティマネジメントシステム−要求事項」です。構築されたISMSが、規格に適合していることを、第三者の専門機関が審査を行い認証する制度となります。


■認証登録概要

・登録組織:株式会社アクティバリューズ

・認証範囲

1:多言語コミュニケーションソリューション提供

2:アプリ、ウェブサービスの開発・運営

3:人工知能技術活用の支援・サポート

・適用規格:JIS Q 27001:2014 (ISO/IEC 27001:2013)

・認証登録日:2018年11月26日

・認証番号:MSA-IS-282

・認証機関:マネジメントシステム評価センター


■今後について

アクティバリューズは、多言語コミュニケーションツールを提供することで、インバウンド誘致に取り組む自治体、宿泊施設、観光リゾートなどのサービス提供施設とともに、インバウンド誘致による地域活性化に貢献していきたいと考えています。

当社は「talkappi」 の普及を通じて、言葉の壁を乗り越え、外国人のお客様が日本の優れた多様なサービスを安心して体験できるよう、今後も取り組んで行くと共に、情報セキュリティマネジメントを継続的に改善し、お客さまがより安心してtalkappiをご利用できるよう、努めてまいります。


■会社概要

社名  :株式会社アクティバリューズ

代表者 :代表取締役 陳 適

資本金 :3,650万円(資本準備金を含む)

所在地 :東京都渋谷区代々木1-30-14 代々木ANNEX 3F

事業内容:

1、多言語コミュニケーションソリューション提供

2、アプリ、ウェブサービスの開発・運営

3、人工知能技術活用の支援・サポート

URL  :https://activalues.com


本件に関するお問い合わせ:

info@activalues.com



提供元:ValuePress!プレスリリース詳細へ



Clip to Evernote  このエントリーをはてなブックマークに追加  Check    

添付ファイル

関連URL

株式会社アクティバリューズのプレスリリース一覧

2019年01月28日 [サービス]
インバウンド対応の多言語AIチャットボット「talkappi」がAIスピーカー「Amazon Alexa」「Google アシスタント」と連携しサービスを拡充

2018年11月28日 [企業の動向]
インバウンド対応 多言語チャットボットを提供するアクティバリューズが情報セキュリティの国際認証を取得

2018年11月01日 [企業の動向]
インバウンド対応の多言語チャットボット「talkappi」をグランドニッコー東京 台場に導入

2018年10月15日 [サービス]
インハウント向けAIチャットホット「talkappi」かTL-リンカーンと連携

2018年10月03日 [製品]
インバウンド対応の多言語AIチャットボット「talkappi」が災害情報提供機能を拡充




関連するプレスリリース一覧(新着順)

2019年02月22日 映えスポ [旅行・観光・地域情報サービス]
AI(人工知能)の技術を活用して、5,000ヵ所超の日本全国と海外9ヵ国・地域の“インスタ映えスポット”が探せるiOS用アプリ「映えスポ」1月25日リリース!

2019年02月21日 ショートショート実行委員会 [旅行・観光・地域情報告知・募集]
全国各地の観光プロモーション映像から選出 2018年度第2期旅もじゃ賞(第8回観光映像大賞 中間賞)10作品が決定 故・大杉漣さんの遺作や「さのまる」熱演作品も

2019年02月21日 ホテルホテル.com [旅行・観光・地域情報/研究・調査報告]
【今アツい観光地インドネシア・バンドン(Bandung)☆インスタ映えホテル5選!】

2019年02月19日 海の京都DMO [旅行・観光・地域情報サービス]
外国人観光客が海の京都を満喫!「インバウンド向け企画乗車券」発売開始 2月22日(金)より英語版が先行発売繁体字版・ハングル版も順次発売予定

2019年02月19日 ホテルホテル.com [旅行・観光・地域情報/研究・調査報告]
香港のホテル.comが厳選する【香港で訪れるべき4つのホテル】

2019年02月18日 株式会社アスタリスク [旅行・観光・地域情報告知・募集]
中華圏富裕層の求める日本でのラグジュアリーサービスとは? マカオのカジノ王一族が展開するラグジュアリーホテルArtyzenの講演決定。 3月4日開催セミナー


  VFリリース・アクセスランキング
1位 株式会社スターミュージック・エンタテインメント
BABY-Tがこの時期にピッタリなFUTURE HOUSE「Reach for The Sun 」を2019年2月1日リリース!
2位 クロスリンクマーケティング株式会社
【Aubee】から、スマートウオッチ Aubee-X9と、クラウドファンディング「Makuake」よりTVチューナー AUB-100の先行予約販売を開始します。
3位 東芝テック株式会社 (PR代行:エムカラーデザイン株式会社)
「IoTを活用した国内消費財サプライチェーンの効率化 実証実験」を2019年2月12日から実施
4位 企業法務知財協会
日本の企業全体の99.7%を占める中小企業・小規模事業者を、知財・契約面からサポート! 弁理士と弁護士の連携による、商標と契約基礎知識に関する無料セミナーを開催
5位 株式会社NTTドコモ
〜親が知らない、子どもたちの「スマホ」の世界〜 親との「スマホルール」、6割以上が守らなかった経験アリ!?
>>もっと見る