公益財団法人パブリックリソース財団のプレスリリース

プレスリリース配信「VFリリース」
リリース検索
プレスリリース検索
リリースの業界で検索
リリースの種類で検索


クラシックコミュニケーションからのお知らせ
【重要】配信サービス統合に関するお知らせ
現在ご利用頂いております「VFリリース」につきまして、ユーザビリティの向上、機能追加、品質向上を目的とし、2012年4月1日(日)に「ValuePress!」と配信サービスを統合させて頂く運びとなりました。

配信サービス統合に関する詳細はこちらをご覧下さい。
(2012-03-19 00:00:00)
【重要】経営統合のお知らせ
クラシックコミュニケーション株式会社は、株式会社バリュープレスと平成24年3月1日付けでPR総合支援企業に向けた経営統合を行うことを決定致しました。

詳細はこちらをご覧下さい。


(2012-02-28 12:00:00)
リリースの「業界検索」機能を強化しました。

VFリリース内の「業界検索」機能を強化しました。

(2012-01-17 16:00:00)
Grow!ボタンを設置しました。

ソーシャル環境を調査を目的に「Grow!」ボタンを設置しました。

(2012-01-17 10:00:00)

 
vf_release RSS Feed
Clip to Evernote  このエントリーをはてなブックマークに追加  Check    
2020年01月23日 17時 [国・自治体・公共機関サービス]

公益財団法人パブリックリソース財団

地域の未来を切り拓く人材を支援する「魚沼の未来基金」が1月17日、新潟県民税の寄付金控除の対象に指定。金額に応じて住民税控除可能に!

2020年1月1日以降の寄付が対象です。「地域のために」と寄付をした方は、県民税控除というメリットが受けられるようになりました。


 公益財団法人パブリックリソース財団(所在地:東京都中央区、代表理事・理事長:久住 剛)が運営する「魚沼の未来基金」が1月17日(金)、新潟県の県民税における寄付金控除の対象に指定されました。個人の寄付者が、寄付金額に応じて個人住民税の控除を受けられます。対象は2020年1月1日以降の寄付です。


▼公益財団法人パブリックリソース財団「魚沼の未来基金」|公式サイト:http://www.public.or.jp/PRF/fund/fund_10/index.html


■ひとり親世帯の高校生に返済不要の奨学金を交付

 「魚沼の未来基金」は、塩沢信用組合(所在地:新潟県南魚沼市、理事長:小野澤一成)がパブリックリソース財団と協働して2016年9月に創設しました。魚沼地域の未来を切り拓く人材や団体を支援し、地域の誰もが生き生きと暮らせるふるさと魚沼を、将来にわたって継承・発展させることが目的です。その管理運用をパブリックリソース財団が担当しています。第三者の公益財団と協働し基金を公益財団内に置くことで、寄付金使途に透明性を持たせています。また、すでに魚沼市・南魚沼市における市民税控除の指定寄付にも指定されています。寄付者に税制優遇のメリットを提供できる仕組みや使途の透明性などが評価され、現在までに2,000万円を越えるご寄付をいただきました。この取り組みをさらに広めていくために今回、新潟県の「住民税控除の指定寄付」としての指定を受け、寄付のメリットをさらに感じていただけるようにしたものです。

寄付金の具体的な使途としては、魚沼地域のひとり親世帯の高校生に対して返済金不要の奨学金「はばたき奨学金」の給付を実施しています。2017年3月から現在までに延べ110人に給付しました(月額5,000円、新1年生の場合は別途入学準備金3万5,000円)。「住民税控除の指定寄付」は、地域の未来、若者たちの夢をかなえたいという地域の人々の思いや志を、寄付を通じて実現し、さらに寄付者は税控除を受けられるというメリットを享受できるという点で画期的だと言えるでしょう。


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM2NDY0OCMyMzQ1NzgjNjQ2NDhfUEt6Q3dZdVlvWC5qcGc.jpg ]

「魚沼の未来基金」は地域の未来に貢献していることを実感できる寄付です。寄付金の使途や活動の報告を寄付者に行うことで、寄付の成果を感じていただけるようにしています。


【公益財団法人パブリックリソース財団について】

所在地:〒104-0043 東京都中央区湊2-16-25 ライオンズマンション鉄砲洲第3 20

代表者:代表理事・理事長 久住 剛

設立:2000年1月(特定非営利活動法人として設立)

電話番号:03-5540-6256

URL:http://www.public.or.jp

事業内容:・資金等を募り、管理・活用する事業・企業の社会貢献活動の支援・社会的活動を行うNPO等に対する研修事業・調査研究、情報発信、政策提言に関する事業


【お問い合わせ先】

公益財団法人パブリックリソース財団

担当者名:渡辺

TEL:03-5540-6256

Email:center@public.or.jp





提供元:valuepressプレスリリース詳細へ



Clip to Evernote  このエントリーをはてなブックマークに追加  Check    

添付ファイル

関連URL

公益財団法人パブリックリソース財団のプレスリリース一覧

2020年02月18日 [告知・募集]
女性にまつわる課題解決を応援する「あい基金」が、3月2日に2019年度助成先の贈呈式を開催。社会学者・上野千鶴子の特別講演会も同時開催!

2020年01月29日 [告知・募集]
地域の未来を切り拓く人材を支援する「魚沼の未来基金」 返済不要の「はばたき奨学金」の奨学生に55名が内定、3月30日に贈呈式が開催

2020年01月23日 [サービス]
地域の未来を切り拓く人材を支援する「魚沼の未来基金」が1月17日、新潟県民税の寄付金控除の対象に指定。金額に応じて住民税控除可能に!

2019年12月24日 [告知・募集]
休眠預金等活用法 に基づく事業としてパブリックリソース財団が「子ども支援団体の組織基盤強化」事業を実施!12月23日より全国で公募開始。1件あたり年360万

2019年12月19日 [告知・募集]
“子どもの貧困の連鎖”を断ち切り、格差問題を解消!大和証券グループによる「こども応援基金」の助成先7団体が決定、1月21日に授与式が開催




関連するプレスリリース一覧(新着順)

2020年03月24日 S-Booster2019実行委員会 [国・自治体・公共機関その他]
【宇宙ビジネスアイデアコンテスト S-Booster 2019】開催レポートVol. 3 〜日本の宇宙ビジネス発展、そしてアジアとの連携へ〜

2020年03月19日 春日井市 [国・自治体・公共機関キャンペーン]
市民から寄せられた「幸せ」な写真600枚で、市の名所を“アート”にして紹介!愛知県春日井市が完成させたモザイク写真が市役所・JR春日井駅・JR神領駅にて展示開始

2020年03月17日 S-Booster2019実行委員会 [国・自治体・公共機関その他]
【宇宙ビジネスアイデアコンテスト S-Booster 2019】開催レポートVol.2 〜アジアから世界へ広がる宇宙利用のアイデア〜

2020年03月13日 やましんクリエイト [国・自治体・公共機関告知・募集]
【鳥取県日南町】和傘の“アンブレラスカイ”でSDGsの取り組みを町内外にPR<令和元年度SDGs未来都市の挑戦>

2020年03月10日 S-Booster2019実行委員会 [国・自治体・公共機関その他]
【宇宙ビジネスアイデアコンテスト S-Booster 2019】 開催レポートVol.1 〜日本国内・アジア各国から優れたアイデアが集結〜

2020年03月06日 アイルランド政府産業開発庁 日本広報窓口 [国・自治体・公共機関企業の動向]
マスターカード(Mastercard)社、ダブリンを欧州向け技術拠点と位置付け レパーズタウンに新キャンパスを設立、今後3〜5年で最大1500人の雇用創出へ


  VFリリース・アクセスランキング
1位 株式会社ショウイン
新型コロナウイルスによる教育機関の休校措置に伴い、通塾した場合と同等の指導が自宅で受けられる、ショウイン式「テレ・スタディ」が2020年2月26日より本格開始
2位 城北信用金庫
城北信用金庫が川口市の子育て世帯を応援! 店舗建物内に認可保育園を開設
3位 株式会社パシフィックネット
『テレワークパッケージ』等の提供体制の強化について ― テレワーク関連サービスへのお問い合わせ急増に対する当社の取り組み ―
4位 株式会社ファーストリリー
遺伝子分析を活用したパーソナルジム「フィアライドYUMEスタジオ店」を群馬県前橋市のYUMEスタジオ内に3月16日にオープンします
5位 特定非営利活動法人イマジン
啓発DVD「致命的な誤り」を10名様の読者にプレゼント
>>もっと見る