株式会社ファームノートのプレスリリース

プレスリリース配信「VFリリース」
リリース検索
プレスリリース検索
リリースの業界で検索
リリースの種類で検索


クラシックコミュニケーションからのお知らせ
【重要】配信サービス統合に関するお知らせ
現在ご利用頂いております「VFリリース」につきまして、ユーザビリティの向上、機能追加、品質向上を目的とし、2012年4月1日(日)に「ValuePress!」と配信サービスを統合させて頂く運びとなりました。

配信サービス統合に関する詳細はこちらをご覧下さい。
(2012-03-19 00:00:00)
【重要】経営統合のお知らせ
クラシックコミュニケーション株式会社は、株式会社バリュープレスと平成24年3月1日付けでPR総合支援企業に向けた経営統合を行うことを決定致しました。

詳細はこちらをご覧下さい。


(2012-02-28 12:00:00)
リリースの「業界検索」機能を強化しました。

VFリリース内の「業界検索」機能を強化しました。

(2012-01-17 16:00:00)
Grow!ボタンを設置しました。

ソーシャル環境を調査を目的に「Grow!」ボタンを設置しました。

(2012-01-17 10:00:00)

 
vf_release RSS Feed
Clip to Evernote  このエントリーをはてなブックマークに追加  Check    
2017年03月27日 11時 [農林水産企業の動向]

株式会社ファームノート

ファームノート、総額5億円の資金調達を実施 〜人工知能への研究開発、事業基盤を強化し、日本の強い農業に貢献〜

酪農・畜産向けIoT ※1ソリューションを提供する株式会社ファームノートホールディングス(本社:北海道帯広市、代表取締役 小林 晋也 以下、ファームノート)は、株式会社産業革新機構(以下、INCJ)、全国農業協同組合連合会(以下、JA全農)、農林中央金庫(以下、農林中金)、住友商事株式会社(以下、住友商事)の4社から、事業強化を目的に総額5億円の資金調達を実施したことをお知らせいたします。今回の資金調達を含めた累計資金調達額は、総額約11億円となります。 ファームノートは今回の資金調達により、研究開発投資を促進し、事業基盤を強化します。農業領域での人工知能活用のさらなる推進を行うなど、酪農・畜産をはじめとした国内農業の生産性向上および競争力強化に貢献していきます。


酪農・畜産向けIoT ※1ソリューションを提供する株式会社ファームノートホールディングス(本社:北海道帯広市、代表取締役 小林 晋也 以下、ファームノート)は、株式会社産業革新機構(以下、INCJ)、全国農業協同組合連合会(以下、JA全農)、農林中央金庫(以下、農林中金)、住友商事株式会社(以下、住友商事)の4社から、事業強化を目的に総額5億円の資金調達を実施したことをお知らせいたします。今回の資金調達を含めた累計資金調達額は、総額約11億円となります。

ファームノートは2015年8月に総額約2億円、2016年に総額約3億円の資金調達を実施し、従来より提供してきたクラウド牛群管理システム「Farmnote」の拡販および機能強化に努めると共に、「Internet of Animals ※2」を実現する牛向けウェアラブルデバイス「Farmnote Color」を開発し、事業展開してまいりました。結果、売上成長率は過去3年で約30倍となり、ユーザー数も1,600農家、契約頭数16万頭(参考:日本の飼養頭数390万頭)まで成長しました。

ファームノートは今回の資金調達により、研究開発投資を促進し、事業基盤を強化します。農業領域での人工知能活用のさらなる推進を行うなど、酪農・畜産をはじめとした国内農業の生産性向上および競争力強化に貢献していきます。

※ 1 Internet of Thingsの略、あらゆるモノがインターネットにつながることで、モニタリングやコントロールを可能にするといった概念。

※ 2 経済動物をセンサーでインターネットにつなげ、人の目を介さずに人工知能により動物の状態を検知し、最適な飼養管理を実現する技術。ファームノートが提唱。

資金調達の目的
1. JA全農およびNTTドコモとの協業による畜産向けICTの全国展開
JA全農とファームノートは、ICT技術を活用した農業生産者所得の向上に向けて、システムプラットフォームやセンサーデバイスの共同商品開発・普及促進について資本・業務提携を行いました。またこの度、株式会社NTTドコモと業務提携を行い、JA全農とファームノートの取り組みを販売促進面で協力し、3社協業の上でFarmnote製品を全国の農協を通じて販売開始いたします。

2.農業分野での人工知能・IoT活用への更なる研究開発の実施
ファームノートはすでに設立済みの農業への人工知能とIoT活用の研究組織「Farmnote Lab」をさらに推進させると共に、すでにFarmnoteで利用している「Farmnote Connect(農業データ統合API)」を牛以外の農業に拡張し、農業生産のデータの自動収集と、人工知能を活用して農業の最適化を実現する統合プラットフォ ームを構築します。

3.住友商事との協業による畜産向けICTおよび農業ITプラットフォームの世界展開
今後、総合商社である住友商事が、ファームノートの海外畜産向けの取り組みをサポートし、「Farmnote」
及び「Farmnote Color」を海外展開する役割を担います。住友商事の幅広い海外拠点ネットワークを活用し、日本の優位性の高い酪農・畜産管理システムを世界に広め、世界の畜産業に貢献するとともに、得られる 膨大なデータを国内農業にも活かす好循環を目指します。また、酪農・畜産に留まらず、日本で培った農業ICT技術を世界へ展開するために、住友商事と耕作向けプラットフォームの共同開発を進めます。

【株式会社ファームノートホールディングスについて】
株式会社ファームノートホールディングスは2016年12月に設立され、ウェブインテグレーション事業を展開する株式会社スカイアーク(http://www.skyarc.co.jp/)と、農業IoTソリューション事業を展開する株式会社ファ ームノート(http://farmnote.jp/)を有する純粋持株会社です。

【株式会社ファームノートについて】
株式会社ファームノートは「世界の農業の頭脳を創る」をビジョンに、農業とインターネットを融合させることで産業構造を変え、競争力が高い農業を実現するという想いから、クラウド牛群管理システム「Farmnote」と牛向けウェアラブルデバイス「Farmnote Color」を展開しています。

【牛向けウェアラブルデバイス Farmnote Colorについて】
Farmnote Colorは牛の首に取り付けるウェアラブルデバイスです。リアルタイムに牛の活動情報を収集して人工知能が解析。 発情や疾病兆候などがスマートデバイスに通知されることで、最適な牛の飼養管理を実現できます。


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSMzNDk1MSMxODAzNDYjMzQ5NTFfRUF5RUxuSFlYRS5qcGc.jpg ]




提供元:ValuePress!プレスリリース詳細へ



Clip to Evernote  このエントリーをはてなブックマークに追加  Check    

添付ファイル

関連URL

株式会社ファームノートのプレスリリース一覧

2017年12月02日 [告知・募集]
“北海道農業応援団長”森崎博之さん(TEAM NACS)もご登壇 【北海道最大級の農業カンファレンス】 ファームノートサミット2017 Winter開催

2017年10月02日 [企業の動向]
農業領域でのIoT・人工知能活用を牽引するファームノート、福岡市に「西日本支社」を開設〜酪農・畜産が盛んな西日本地域に向けて、農業ICTの提供をさらに強化〜

2017年03月27日 [企業の動向]
ファームノート、総額5億円の資金調達を実施 〜人工知能への研究開発、事業基盤を強化し、日本の強い農業に貢献〜

2016年12月19日 [企業の動向]
日経ビジネス「次代を創る100人」にファームノート代表の小林晋也を選出いただきました

2016年11月16日 [告知・募集]
北海道最大級の農業カンファレンス「ファームノートサミット2016」に “ミスターどうでしょう” 鈴井 貴之氏がゲスト登壇決定




関連するプレスリリース一覧(新着順)

2018年10月03日 株式会社ウーオ [農林水産企業の動向]
自社出荷拠点「UUUO Base(ウーオベース)」開設のお知らせ〜鳥取港の仲買として自らがプレイヤーとなり鮮魚の出荷販売をスタート〜

2018年09月06日 一般社団法人 日本養豚協会(JPPA) [農林水産告知・募集]
中部食品・飲料・設備総合展2018(FBFE-EXPO)にブース出展、展示・商談会を実施 =「お米で育った畜産物」の普及のために =

2018年08月13日 アテイン株式会社 [農林水産製品]
中国人技能実習生向け「農業技能実習生eラーニング」発売開始

2018年08月10日 ネイチャーダイン株式会社 [農林水産告知・募集]
SoBiC自動栽培システムをテーマパークに設置、エコで健康的な経済活性両立モデルを提起

2018年08月08日 グリーンリバーホールディングス株式会社 [農林水産企業の動向]
グリーンリバーホールディングス、日本最大級のバジル生産植物工場の稼働を開始 2018年9月より国産加工用バジルを全国に安価で提供

2018年08月06日 ネイチャーダイン株式会社 [農林水産製品]
誰でも、どこでも、簡単に、「果樹園」が造れるモバイル樹木栽培システムを開発


  VFリリース・アクセスランキング
1位 株式会社デジタルコマース
成人向けコンテンツブランド「FANZA」×「#FR2」コラボレーションギャラリー 9月20日(木)より興梠優護『Stratified』展示開始!
2位 株式会社スペースエイジ
2019年に向けて活動中の人気急上昇のゆるキャラ 「ラガマルくん」グッズを10/5(金)正午より販売開始!
3位 バスリエ株式会社
「お風呂のソムリエ」松永武が本気で作った入浴剤。日本のお風呂文化をぎゅっと詰め込んだ「浴玉(Yokudama)」を東京ギフトショー(9/4〜7)で初披露。
4位 株式会社デジタルコマース
「FANZA×#FR2 @#FR2 GALLERY 2」大盛況!9月6日(木)より鷹野隆大「写真」展示開始!
5位 株式会社 TENGA
プレジャーアイテム「iroha」が初の百貨店進出!20代から70代までの老若男女約1500名が来店 ー次回は11月22日の「いい夫婦の日」に絡めた企画も検討ー
>>もっと見る