株式会社グリーゼのプレスリリース

プレスリリース配信「VFリリース」
リリース検索
プレスリリース検索
リリースの業界で検索
リリースの種類で検索


クラシックコミュニケーションからのお知らせ
【重要】配信サービス統合に関するお知らせ
現在ご利用頂いております「VFリリース」につきまして、ユーザビリティの向上、機能追加、品質向上を目的とし、2012年4月1日(日)に「ValuePress!」と配信サービスを統合させて頂く運びとなりました。

配信サービス統合に関する詳細はこちらをご覧下さい。
(2012-03-19 00:00:00)
【重要】経営統合のお知らせ
クラシックコミュニケーション株式会社は、株式会社バリュープレスと平成24年3月1日付けでPR総合支援企業に向けた経営統合を行うことを決定致しました。

詳細はこちらをご覧下さい。


(2012-02-28 12:00:00)
リリースの「業界検索」機能を強化しました。

VFリリース内の「業界検索」機能を強化しました。

(2012-01-17 16:00:00)
Grow!ボタンを設置しました。

ソーシャル環境を調査を目的に「Grow!」ボタンを設置しました。

(2012-01-17 10:00:00)

 
vf_release RSS Feed
Clip to Evernote  このエントリーをはてなブックマークに追加  Check    
2017年04月21日 15時 [ネットサービスサービス]

株式会社グリーゼ

「何らかの不満・不安を抱えている」が80.6%− 顧客とのメールコミュニケーションに関する課題調査結果を発表 −

ビジネスパーソンに向けたアンケートで、「顧客とのメールコミュニケーションに対して、何らかの不満・不安を抱えている」が80.6% 。コンテンツマーケティング事業を手掛ける、株式会社グリーゼ(所在地: 東京都世田谷区、代表取締役:江島 民子)は、顧客とのメールコミュニケーションに関する課題調査を実施しましたので結果を発表します。


ビジネスパーソンに向けたアンケートで、「顧客とのメールコミュニケーションに対して、何らかの不満・不安を抱えている」が80.6% 。

コンテンツマーケティング事業を手掛ける、株式会社グリーゼ(所在地: 東京都世田谷区、代表取締役:江島 民子)は、顧客とのメールコミュニケーションに関する課題調査を実施しましたので結果を発表します。

■アンケート調査結果 : http://gliese.co.jp/whitepaper/report_email/

【調査目的】

一時は「もう古い」と言われたメールマーケティング。
しかし、CRMツールやマーケティングオートメーションツールの普及などにより、ここに来て再び関心が高まっているようです。

弊社主催のメールマーケティングセミナーも、回を重ねるにつれ参加者が増加しており、情報を求めているビジネスパーソンが増えていることを実感しています。

そこで、ビジネスパーソンが、顧客とのメールコミュニケーションでどんなことを課題に感じているのかを把握するために、本アンケートを実施しました。

【調査結果】

テーマ:「顧客とのメールコミュニケーションに関する課題」

■ほとんどのビジネスパーソンが、顧客とのメールコミュニケーションに何らかの不満・不安を抱えている

「メールコミュニケーションに不満・不安はない」と回答したのは、わずか19.4%のみ。
8割以上のビジネスパーソンが、顧客とのメールコミュニケーションに対して、何らかの不満・不安を抱えていることがわかりました。

■不満・不安の正体は、「何が正解かわからない」?

不満・不安の内容について具体的に質問したところ、

〇「メールコミュニケーションの頻度が少なすぎるのでは?」と「メールコミュニケーションの頻度が多すぎるのでは?」がほぼ同数
〇「メールが短すぎるのでは?」と「メールが長すぎるのでは?」がほぼ同数

になるなど、明確な指標がないままに、漠然とした不安を感じていることがうかがわれました。
最も回答率が高かったのは「メールが読まれていないのでは?」で、24.7%でした。

■ビジネスパーソンは、メールを通じて、もっとお客様とつながりたがっている。

メールコミュニケーションの不満・不安を改善したら、どのような効果が見込めるかを質問したところ、以下のような結果となりました。

1位:接触頻度が向上する 42.4%
2位:顧客の興味関心が把握できるようになる 37.6%
3位:顧客とのつながりが深くなる 34.7%

この結果から、ビジネスパーソンがメールコミュニケーションに求めているのは、「顧客とのつながりを深めること」と「顧客を理解すること」であることがわかります。

■不満・不安を解消するために一番大切なことは、「メールコミュニケーションのあるべき姿について議論する」」

「メールコミュニケーションを改善したい」と回答した人に「どうすれば改善できると思うか?」と質問したところ、「部署内で、メールコミュニケーションのあるべき姿について議論する」が、45.3%と1位でした。
単純に人を増やしたり、外部の専門家に頼ったりするよりも、「そもそもうちの部署として、メールコミュニケーションはどうあるべきなのか?」という「あるべき姿」を模索する必要を感じているビジネスパーソンが多いということがわかりました。


【まとめ】

アンケート結果から浮かび上がってきたのは、

「もっとお客様とつながりたい」
「もっとお客様を理解したい」
「もっとお客様に喜んでいただきたい」

と感じているビジネスパーソンの真摯な姿でした。

しかし、実態はどうかというと、「メールコミュニケーションに不満・不安はない」と回答したのは、わずか19.4%のみ。
8割以上のビジネスパーソンが、顧客とのメールコミュニケーションに対して、何らかの不満・不安を抱えていることがわかりました。

そして、課題の解決策として1位に挙げられたのは、「人を増やす」「外部の専門家に頼る」といった対処療法ではなく、「部署内で、メールコミュニケーションのあるべき姿について議論する」という対因療法でした。

メールコミュニケーションは、テクニックやツールなどについて語る時代から、「あるべき姿」を模索する時代に突入したといえそうです。


【調査概要】

調査目的:メールコミュニケーションにおける課題の把握
調査対象:職種が、企画・広報 販売・営業のいずれかであると回答した方(有効回答数:330)
調査期間:スクリーニング:2017/02/06 〜 2017/02/07
本調査:2017/02/15 〜 2017/02/17
調査方法:インターネットリサーチ


【株式会社グリーゼについて】
本社:〒154-0012 東京都世田谷区駒沢2-16-18ロックダムコート202
代表者:代表取締役 江島 民子
設立:2000年12月27日
資本金:7,335,500円
URL:http://gliese.co.jp/
事業内容:コンテンツマーケティング事業



提供元:ValuePress!プレスリリース詳細へ



Clip to Evernote  このエントリーをはてなブックマークに追加  Check    

添付ファイル

関連URL

株式会社グリーゼのプレスリリース一覧

2017年06月20日 [研究・調査報告]
BtoBメールマガジンの適切な長さは、「1スクロール以内」〜「BtoBメール閲覧実態の把握」調査結果発表〜

2017年05月09日 [研究・調査報告]
「できれば入力したくない項目」1位は「会社の名前」− 資料請求フォームに関する課題調査結果を発表 −

2017年04月21日 [サービス]
「何らかの不満・不安を抱えている」が80.6%− 顧客とのメールコミュニケーションに関する課題調査結果を発表 −

2017年02月24日 [研究・調査報告]
「月数回以上観る」が71.2% − 仕事に関するインターネット動画の視聴実態調査結果を発表 −

2017年01月26日 [研究・調査報告]
「内定辞退」対策、「個別のフォローメールを活用する」が1位− 総務・人事部門におけるデジタルマーケティングの導入実態調査結果を発表 −




関連するプレスリリース一覧(新着順)

2019年05月23日 株式会社アピリッツ [ネットサービスサービス]
アピリッツ、スマートフォンアプリ『ゴエティアクロス』にて登録ユーザー数が150万人突破!

2019年05月23日 株式会社GRI [ネットサービス/提携]
「ディープラーニング」によるデータ解析を手掛けるGRIが、フィンテック領域でのサービス開発強化に向け、キャッシュレスサービスを提供するSTAGEと資本・業務提携

2019年05月23日 株式会社NEXER [ネットサービス/研究・調査報告]
「コミュニティバス」はあっても使えない?60歳以上の半数が「一度も利用したことがない」と回答(交通手段に関するアンケート)

2019年05月23日 株式会社ユニクエスト [ネットサービスサービス]
―ペットの終活―業界No.1の実績「小さなお葬式」が僧侶による読経が含まれた定額ペット葬をスタート

2019年05月22日 株式会社NEXER [ネットサービス/研究・調査報告]
【迷惑行為】電車内でリュックを背負う人は2割!電車内での荷物についてのアンケート

2019年05月22日 リトライブ株式会社 [ネットサービス企業の動向]
ユーザーの認識度・関心度を可視化する、A/Bテストツールの特許を申請!


  VFリリース・アクセスランキング
1位 浦安ブライトンホテル東京ベイ
一夜限りの鉄板焼ディナーを夜空を彩る花火とともに
2位 一般財団法人労務行政研究所
2019年度 新入社員の初任給調査 〜東証1部上場企業241社の速報集計。35.7%が初任給を「全学歴引き上げ」〜
3位 株式会社アゴス・ジャパン
トップ校卒業生に直接相談できる!『アジアMBA留学を考えている人とアジアMBA留学経験者の懇親会』5/25(土)開催
4位 株式会社イーオン
「イーオン デジタルトランスフォーメーション AEON DX」第2弾 「AEON NOTE」 を5月13日より全国のスクールに導入
5位 エイムネクスト株式会社
エイムネクスト(株) 6/4(火)『高鍋町IoTカンファレンス』を宮崎県・高鍋町にて開催
>>もっと見る