トクシングループのプレスリリース

プレスリリース配信「VFリリース」
リリース検索
プレスリリース検索
リリースの業界で検索
リリースの種類で検索


クラシックコミュニケーションからのお知らせ
【重要】配信サービス統合に関するお知らせ
現在ご利用頂いております「VFリリース」につきまして、ユーザビリティの向上、機能追加、品質向上を目的とし、2012年4月1日(日)に「ValuePress!」と配信サービスを統合させて頂く運びとなりました。

配信サービス統合に関する詳細はこちらをご覧下さい。
(2012-03-19 00:00:00)
【重要】経営統合のお知らせ
クラシックコミュニケーション株式会社は、株式会社バリュープレスと平成24年3月1日付けでPR総合支援企業に向けた経営統合を行うことを決定致しました。

詳細はこちらをご覧下さい。


(2012-02-28 12:00:00)
リリースの「業界検索」機能を強化しました。

VFリリース内の「業界検索」機能を強化しました。

(2012-01-17 16:00:00)
Grow!ボタンを設置しました。

ソーシャル環境を調査を目的に「Grow!」ボタンを設置しました。

(2012-01-17 10:00:00)

 
vf_release RSS Feed
Clip to Evernote  このエントリーをはてなブックマークに追加  Check    
2018年10月30日 11時 [ビジネス・人事サービス人事]

トクシングループ

ベトナムエリート大卒生採用プロジェクト「トクシン+Japan50 Project」一次選考会の開催 in ハノイ交通運輸大学

 トクシングループ(本社:香川県多度津)の代表 小林 有二は、10月19日、22日、23日、24日の四日間、ハノイ交通運輸大学(学長 グエン・ゴック・ロン)とトクシンベトナム本社にて、日本企業によるベトナムエリート大卒生採用を11月〜12月にかけて開催する第二回「トクシン+Japan50 Project」の一次選考会を開催しました。

 交通運輸大学の学生のほかに、ハノイ工科大学、ハノイ貿易大学、ベトナム国家大学、ハノイ工業大学など計14大学から400名を超える学生が、一次選考会に集まりました。各大学を通して学生に向けて「トクシン+Japan50 合同面接会」の告知と学生エントリー受付を約2週間で行った結果、600名以上の応募があったため、書類選考と一次選考会を通して、150名の本面接者が選ばれました。


 トクシングループ(本社:香川県多度津)の代表 小林 有二は、10月19日、22日、23日、24日の四日間、ハノイ交通運輸大学(学長 グエン・ゴック・ロン)とトクシンベトナム本社にて、日本企業によるベトナムエリート大卒生採用を11月〜12月にかけて開催する第二回「トクシン+Japan50 Project」の一次選考会を開催しました。


 交通運輸大学の学生のほかに、ハノイ工科大学、ハノイ貿易大学、ベトナム国家大学、ハノイ工業大学など計14大学から400名を超える学生が、一次選考会に集まりました。各大学を通して学生に向けて「トクシン+Japan50 合同面接会」の告知と学生エントリー受付を約2週間で行った結果、600名以上の応募があったため、書類選考と一次選考会を通して、150名の本面接者が選ばれました。


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM1NTM4MiMyMTA0NDcjNTUzODJfbU5PV0tmWnRhai5qcGc.jpg ]

 日本でベトナム人を雇用する場合、その調達ルートの大半は、ベトナム側の送り出し機関と日本側の協同組合を通じて、主に現場労働業務の技能実習生として手配されています。最近では一部エンジニア職種の在留資格者の手配もなされますが、基本的に業種・職種が偏ってしまいます。


 また、技能実習制度は、実習生側に複数の会社から条件を比較して選択できる自由は与えられず、技能実習生側が日本へ行くために紹介料や教育費ほか、すべての費用を負担する仕組みのため、多くの貧しい家庭で大きな借金を背負う社会的な課題を秘めています。


 「トクシン+Japan50 Project」では、学生には金銭的な負担を一切かけず、日本へ行くための教育を含めた全費用を募集企業側が負担する仕組みです。その仕組みがベースにあるため、ベトナムトップクラスの一流大学で高等教育を受けた多数のエリート学生が人材バンクとして登録されています。

参加企業側のメリットとしては、事前に求める人材像や専門知識のニーズをヒアリングし、ニーズにマッチした専門学科を持つ大学と協力関係で、直接的に募集活動が行えます。また、一流大学と年間を通して、協力関係で教育プログラムの開発や授業の運営をしていますので、エリート学生の母数形成が自然な流れで蓄積される仕組みとなっています。


 また、一般的な合同就職説明会とは違い、あらかじめ学生は大学の先生とトクシングループのサポートを受けながら、入社志望企業を絞って面接を受ける仕組みになっています。学生は書類選考に加えた2度の面接をクリアしていくシステムになっていますので、企業のニーズと学生のニーズがマッチしやすいサービス設計だと、両者からご好評をいただいています。


1.「トクシン+Japan50 Project」とは?


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM1NTM4MiMyMTA0NDcjNTUzODJfY0tGekZjSnlqSS5qcGc.jpg ]
 トクシングループが、ベトナム政府直属の国家大学や

ベトナム教育訓練省の管轄にある国立大学と協力し、人手

不足で悩む日本企業と日本企業に就職したいベトナムエリ

ート大卒生をマッチングさせる合同就職プロジェクトです。


 1年をかけて日本の優良な中小企業50社と共に、新卒・

既卒採用を目的として参画することで、そのスケールメリ

ットを活かし中小企業でも大企業と肩を並べて、勤勉で

成績優秀なベトナムの大卒生を採用できる企画です。


「トクシン+Japan50 Project 春ツアー」内定者インタビュー動画

(なぜ、日本の大手企業ではなく中小企業で働きたいのか?)


[動画: https://www.youtube.com/watch?v=CPPVAUGXzpg ]


 ベトナムトップクラスの一流大学で高等教育を受けている大卒生は、日系企業や日本国内の大企業、ベトナム本国の大企業のインターンシッププログラムを通じて、そのままその会社へ入社するケースが殆どです。そういった彼らが「何故、日本の中小企業に就職したいのか?」。その動画をご覧ください。


▼トクシン+Japan50 Project動画ページ「トクシンチャンネル」

https://www.youtube.com/channel/UCicyNI9KXdFRYVbtJ3kv9Ug


2.ハノイ交通運輸大学について


 ベトナムでも有数の国立大学であるベトナム交通運輸大学は、ハノイ交通運輸大学は、ベトナムの大学における交通運輸の分野では最も古く最大の大学です。トナム教育訓練省に属する国立ハノイ交通運輸大学での教育システムは、大学課程だけではなく、大学院という教育課程もあります。


Webometrics公開されたデータ(2018年1月18日)によると交通運輸大学はベトナムの大学でのランキングでトップ15にランクされました。交通運輸大学は、運輸業界と国に貢献できるよう科学技術の優秀な人材を訓練する使命を持っています。大学の教育、科学研究、技術譲渡と他の活動は、社会に最高の利益をもたらす理念として実施されています。現在はハノイ市とホーチミン市に2つのキャンパスを有しており、13学科に合計29,000人の学部生および 大学院生が学び、1,200人の教職員が働いています。


 グエン・ゴック・ロン学長によると「トクシングループとの提携は、大学生への就職機会を与えるだけではなく、日本企業へ就職するための授業プログラムをトクシンと共同研究開発して、大学では企業から求められる授業の運営を行い、これからも末長く協力しあいたい。」と大きな期待を寄せています。


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM1NTM4MiMyMTA0NDcjNTUzODJfS0pMcWhrRnl5aC5qcGc.jpg ]


<主な学科>

・建設、機械工学、運輸学、経済学、電子工学

・土木学、会計学など合計13学科


<3つの研究センター>

・科学技術センター

・情報技術応用センター

・実習と技術移転センター


3.日本の優良企業15社が11月・12月の合同面接会に参加


 年内に3回開催する「トクシン+Japan50 Project」秋の合同面接ツアーには、15社の日本企業が参加をする予定です。本面接は、A日程グループ(11/8・11/9)、B日程グループ(11/14・11/15)、C日程グループ(12/5・12/6)に分けて行われます。


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM1NTM4MiMyMTA0NDcjNTUzODJfY0ZLWlVEVG1RSC5wbmc.png ]

 合同面接は2日間で構成されており、1日目に内定候補者を絞り込み、その日の夜に候補者と懇親会を行い、2日目に内定者を決定し、大学を通して内定者と内定調印を締結します。


 今回プロジェクトに参加する企業は、春ツアー参加企業のご紹介や評判から多数のお申し込みをいただき、審査で選ばれた優良企業です。勉強熱心で向上心が高い人、日本で長く働いてくれる人と出会えることを期待しています。


 建設業、製造業、不動産業、総合商社、IT業、サービス業まで幅広い業種の企業が参加され、それぞれが業界トップクラスの強みを持ち、ベトナム大卒生が活躍と成長できる企業ばかりです。

内定者には、ベトナムの日本語学校で6ヶ月勉強する権利が同時に与えられます。入国手続き諸費用や交通費、日本語学校の受講費用は内定企業が全額負担いたしますので、内定者やご家族から「経済的な負担は一切なく、安心して日本へ送り出せる」と多数感謝のお言葉が届けられています。「トクシン+Japan50 Project」の制度に魅力を感じたハノイ市内やホーチミン市内のベトナム大学生が600名以上が、説明会や面接の予約待ちの状態です。


 来年から「トクシン+Japan50 Project」は、毎月3社で年間を通して面接ツアーを行い、よりきめ細やかなサービスとサポートをしていく方針です。また、ベトナムに行けない企業のために、国内数カ所でベトナムエリート大学生採用イベントを開催する計画を立てています。


5.トクシングループ各社の紹介


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM1NTM4MiMyMTA0NDcjNTUzODJfY2huWmlhTFp0Ty5wbmc.png ]


6.「トクシン+Japan50 Project」参加の相談窓口について


 本サービスについてご興味やご質問等ございましたら、以下のホームページに詳細などを記載しております。

ご相談等も承っておりますので、是非、1度ご覧ください。


▼「トクシン+Japan50 Project」サービスページ

http://tokusin.jp/tokushin-japan50/


▼本プレスリリースに関する問い合わせ先

【トクシントラスト】

担当:大喜多 優(おおきた ゆたか)

メール:trust@tokusin.jp

有料職業紹介事業:37-ユ-300118(1)


【運営元:株式会社トクシンテクノ】

住所:〒764-0017 香川県仲多度郡多度津町西港町29番地4

電話番号:0877-85-5111 FAX:050-3488-3981

営業時間:平日9時〜18時

URL:http://tokusin.jp/



提供元:ValuePress!プレスリリース詳細へ



Clip to Evernote  このエントリーをはてなブックマークに追加  Check    

添付ファイル

関連URL

トクシングループのプレスリリース一覧

2018年10月30日 [人事]
ベトナムエリート大卒生採用プロジェクト「トクシン+Japan50 Project」一次選考会の開催 in ハノイ交通運輸大学

2018年10月25日 [企業の動向]
ベトナムエリート大卒生採用プロジェクト「トクシン+Japan50 Project」におけるハノイ交通運輸大学との調印締結のお知らせ

2018年08月29日 [企業の動向]
トクシングループ ベトナム事業の業容拡大に伴うグループ会社トクシンベトナム社屋移転のお知らせ

2018年05月31日 [人事]
<ベトナム大卒生採用の合同面接イベント「トクシン+Japan50 Project」開催のお知らせ>

2018年05月09日 [人事]
<ベトナム大卒生採用の合同面接イベント「トクシン+Japan50 Project」一次選考会の開催のお知らせ>




関連するプレスリリース一覧(新着順)

2018年11月16日 株式会社RDサポート [ビジネス・人事サービス企業の動向]
業界特化・職種特化型人材会社の進化し続けるWEBサイト活用。業界特化の転職サポート・職種を特化した企業向け人材活用提案

2018年11月16日 株式会社コミュニケーションハウス [ビジネス・人事サービス企業の動向]
人材育成プログラム開発のアイディア社『ラーニング・イノベーションFORUM 2018』を開催 〜11月26日、LTと研修効果測定分野の世界的叡智二人をゲストに〜

2018年11月15日 ハイテクノロジーコミュニケーションズ株式会社 [ビジネス・人事サービス製品]
インサイダー取引とは!?を学ぶコンプライアンス教材、 eラーニング「コンプライアンスのつぼ インサイダー取引編」を販売開始

2018年11月14日 エール株式会社 [ビジネス・人事サービス企業の動向]
エール株式会社、約9000万円の第三者割当増資を実施

2018年11月12日 石川 哲正 [ビジネス・人事サービスサービス]
小学生から始めるビジネス

2018年11月05日 合同会社 夢をカナエル [ビジネス・人事サービス製品]
セクハラ・パワハラ防止の新しいアプローチ  〜11月11日 ハラスメント防止ステッカー 発売開始〜


  VFリリース・アクセスランキング
1位 株式会社トップ
ホストクラブ愛本店 名誉会長 愛田武 (訃報)
2位 浦安ブライトンホテル東京ベイ
男性だってエステでリラックス!ホテルのランチとエステを組み合わせた、充実エステプラン「ランチ付1DAYプラン」。
3位 株式会社FPパートナー / 出光クレジット株式会社
保険のビュッフェ × 出光クレジット 11/1(木)業務提携開始 無料家計診断によるお客さまメリット拡充をめざした『ライフコンサルティングサービス』を提供
4位 株式会社KSS
食を通して健康を届ける ”shonan smoothie&juice”は 11月5日(月)よりコールドプレスジュースを楽天市場で販売開始します。
5位 株式会社デジタルコマース
「FANZA×#FR2 @#FR2 GALLERY 2」フィナーレを飾る!10月18日(木)より三嶋章義『特定の気質の人間に左右されないとき』展示開始!
>>もっと見る